予算IDはDIGGLEに予算データを取り込んだ際に自動採番される重複なしのIDです。
DIGGLEへの取り込みが早い順に番号が振られます。
※自動採番される予算IDは任意の番号を選択(変更)することはできません。

各予算に採番された予算IDは各部門の予算ページから確認することができます。
※確認手順:Top>部門>予算ページ

活用方法

1.DIGGLEに取り込んだ予算データと実績/見込みデータの突合

実績/見込みデータをDIGGLEに取り込む際に、予算IDを利用することで、インポートファイル内に「勘定科目」「予算名」がない状態でも、予算データと実績/見込みデータを突合することができます。


■予算IDを活用した実績/見込みデータのインポート手順
http://help.diggle.jp/ja/articles/3677612

2.実績データを紐付けた状態で予算データの数値を変更する

予算が編集できる状態(予算ページで「予算を確定する」ボタンが表示されている状態)で、各部門の予算ページから予算データをエクスポートし、数値を変更したデータをDIGGLEに取り込むことで、一括で数値の更新をすることができます。
※エクスポートした予算データの「予算ID」を変更すると、DIGGLEに正常に取り込みができない場合があります。

回答が見つかりましたか?