行の集約を実行すると、複数の行が1つの集計結果の行になります。集計方法で指定された列以外は、上書きされない限り、最初に見つかった行の値のままになります。上書き規則を適用させることで、集計結果行の内容変更を簡単に行うことができます。

元のCSVが以下とします。

これらのデータは細かすぎるので、勘定科目でまとめて取り込みたいとします。その場合、集計処理としては「"勘定科目" ごとに "実績値"」を集計するように設定します。

しかし、このままでは摘要が最初に見つかった行のままとなってしまい、集計したデータであることが見ても分かりません。なので、集計結果の行に対する上書き規則で、「"摘要" を "{勘定科目} 一式" で上書き」の設定をします。

これで、集計結果の行であることが分かるようになります。

回答が見つかりましたか?