正規表現とは、文字列の集合を表す表現方法の一つで、多くのアプリケーションで採用されている技術の一つです。複雑な検索や置換に効果的に使用されます。

正規表現を使えば、ほとんど全ての実用的なケースにおいて正しく検索や置換をすることができます。

【注意】

正規表現が増えると条件が複雑化してしまうため、多用は避けるべきです。使用する前に正規表現を使用しないで済む方法を検討することをおすすめします。

よくある例

日付

^\d{4}/\d{1,2}/\d{1,2}$ : 「2020/01/01」や「2020/1/1」にヒットします。
^\d{4}年\s*\d{1,2}月\s*\d{1,2}日$ : 「2020年01月01日」や「2020年1月1日」にヒットします。

5〜7で始まる3桁数字

^[567]\d\d$ : 「500」「699」「717」にヒットしますが「800」「50」にはヒットしません。

技術者向け情報

DIGGLEのCSV変換における正規表現は、ブラウザ上のJavaScriptの中で使用されます。詳細な仕様は、JavaScriptにおける正規表現のドキュメントをご覧ください。

参考
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Guide/Regular_Expressions

回答が見つかりましたか?