この機能により、内容が確定した予算が変更されてしまうのを防ぐことができます。予算ロック中は、具体的に下記のような状態になります。

  • 予算画面の「インポート」「編集」「削除」「細目を作成」ボタンが表示されなくなる
  • 予算詳細画面の「予算」「勘定科目」「タグ」「説明」「予実表」が利用できなくなる
  • インポートするファイルにロックされている年度が含まれている場合はインポートができません

予算ロック機能はオーナーとユニット管理者のみ行えます。

ユニット管理者については下記リンク先をご参照ください。
ユニット管理者について


注意:
予算ロックを行なった後、細目を削除したい場合には全ての年度で予算ロックを解除する必要があります。詳しくは下記リンク先をご参照ください。
予算ロック後の細目の削除について

予算ロック/解除の方法

予算画面を開き、解錠状態の鍵アイコンをクリックします

「予算ロック年度を変更しました」というメッセージが表示され、鍵アイコンが閉じているものに変更されたら、予算ロック状態になっています。

予算ロック状態を解除するには、閉じている状態の鍵アイコンをクリックします。
「予算ロック年度を変更しました」というメッセージが表示され、解錠状態の鍵アイコンが表示されたら、ロックは解除されています。

注意点
予算ロックを行うと予算画面に表示されている年度以前の年度の予算に対してもロックがかかります。

例:2019年度で予算をロックすると、2019年度以前の年度である2015, 2016, 2017, 2018年の予算もロック状態となる。


なお、予算ロックは「ユニット設定画面」から行うこともできます。



回答が見つかりましたか?