指標を設計するために、複数の科目にラベルをつけることで科目のまとまりを作ることができます。
例えば、固定費と変動費を科目にラベル付けできます。人件費、減価償却費、賃借料、保険料などに固定費というラベル、売上原価、支払運賃、販売手数料などに変動費をつけることができます。
ラベルは指標を設計する際に、計算要素として活用することができます。

回答が見つかりましたか?