ラベルはユーザーが勘定科目に複数・自由フォーマットで設定できる項目です。
計算指標作成時の集計キーとして使用します。

ラベルを利用して独自の計算指標を作成すると、複数の勘定科目を共通のラベルでまとめて扱うことができ、複数の観点から多面的に会社の業績等を分析・評価ができるようになります。

関連項目

回答が見つかりましたか?