見込みは会計年度のはじめに計画した一年間の予算に対して、確定していく実績に基づいて将来の予測を修正し、半期末や年度末の着地点精度を高めるために行う業務です。

見込み管理を行えば、利用できる予算をリアルタイムに把握し、適切に予算を再配分できるようになります。

見込み管理は難しく、下記のような問題がありました。

  • スプレッドシートでの管理ではセル内に計算式が入っている事が多く、素早く詳細な作業がしづらい
  • 管理を後回しにしてしまい、余剰になっている費用項目や予算をリアルタイムで把握することが難しい
  • 上記のため、コストの着地点のよみが甘くなってしまい予算が余りがちになる

これらの問題を解決できれば、業績予想で公表した数値への下方または上方の差異が最小限にとどまり、業績修正の適宜開示義務の必要はなくなります。

業績修正が頻繁に発生すると上場企業では業績予想の精度や計画策定能力が低く審査されてしまい、内部管理体制の改善を求められます。

上場準備をしている企業でも対応が必要になるため、見込みの管理はとても重要です。

DIGGLEの見込み管理

DIGGLEではカード型のインターフェースで見込み管理を行うことで、利用が確定した費用と利用されなかった費用を一見して把握でき柔軟な項目移動が可能なため、より精度の高い見込み管理が行えます。

回答が見つかりましたか?