ユニットレポートはユニットごとにP/L・指標の予実ギャップを確認できる機能です。

レポートは複数作成でき、用途によって使い分けることができます。
表の中の各項目の構成をドリルダウンして確認できます。

画面説明

1.レポート情報エリア

以下4つの要素が配置されています。

  • ユニットレポートのタイトル
  • レポート切り替えボタン
  • レポート保存ボタン
  • レポート全体メニュー

2.レポートコンポーネント

レポートコンポーネントは、一つの表のまとまりのことを指します。

レポートコンポーネントで取り扱う表は以下の2種類があります。

  • P/L表:P/Lの構造をもった表形式
  • 表:階層構造を持たない普通の表形式

レポートコンポーネントは、1つのレポート内に複数作成することができます。

表の中には以下の項目を、自由な位置に追加することができます。

  • 勘定科目
  • 非財務指標
  • 計算指標
  • サブスクリプション指標

3.コンポーネント新規作成ボタン

新しくレポートコンポーネントを作成する際に使用します。

新規コンポーネント作成ボタンを押下すると

  • 新規P/L表
  • 新規表

どちらかを作成するメニューが表示されます。
任意の項目を選択すると、作成ボタンの下に新規レポートコンポーネントが作成されます。

項目のドリルダウン

1.項目にマウスオーバーをすると表示されるメニューアイコンを押下する。
(画像では「人件費」をドリルダウンする)

2. 表示されたメニュー内の「分析で見る」を押下すると、分析ページに遷移する

3. 分析ページに遷移後「構成する各要素について見る」を押下する

4. 項目を構成する子項目の一覧が表示されるので、さらに項目の構成要素をドリルダウンして確認したい場合は、任意の項目を押下する

3,4を繰り返すことで、項目の構成要素をドリルダウンして確認していくことができる

回答が見つかりましたか?